爪で無理やり押し出す

小鼻の角栓、いつ鏡を見ても気になってしまう部分ですよね。

シミやシワも気になりますが、やはり顔の真ん中にある鼻は、自分だけではなく他人の目線も気になります。

そんな時、毛穴からニョロっと出ている白い角栓や、ポツっと詰まっている黒ずみを、いけないことだとわかっていても、爪を立てて押し出そうとしてしまった経験が誰でも一度はあるのではないでしょうか

しかし、それはもちろん絶対にしてはいけません。

爪で押し出したり引っ掻くことで、肌は傷ついてしまいますし、無理矢理こそぎ取ってしまうと、それこそ毛穴が大きくなってしまいます。

毛穴のポツポツしたイチゴ鼻が気になっていたはずなのに、一歩間違えれば、肌が穴だらけのクレーター肌になってしまうんです。

それだけではなく、その無理やり押し出したせいで皮膚に負担がかかり、細菌が角栓のとれた後の開いた毛穴に入り込むことで、ニキビや肌荒れ、化膿をおこりたりする場合があります。

角栓がニュルととれるととても気持ち良いのですが、それは一時的なもので、誘惑に負けてしまうと後々、肌トラブルの元凶になってしまい、取り返しのつかないことになってしまいます!このことを心にとめていなければいけません。

 

毛抜きで角栓を引き抜く

​洗顔後などの角栓が浮き上がった状態だと、毛抜きで簡単につまめてしまうのでこれもついやってしがちなNG行為です。肌への負担で考えると、爪で押し出すよりもより強力に肌を傷つける可能性があります!最初は角栓だけをつまんでスポッと抜き取っていたとしても、となりの角栓、そのとなりの角栓…とどんどん気になる個所が増えていき止まらなくなります。

ついには角栓をつまむのではなく角栓の周辺の皮膚を毛抜きでつまんで角栓を押し出してしまった経験はありませんか?また、たとえ角栓だけをつまんで抜けたとしても、角栓が取れた後の毛穴にはまたすぐ新しい角栓ができてしまいます。

従って、角栓のケアは正しく行わなければなりません。

効果的な角栓ケア

角栓が気になりだしたら、まずはお風呂で蒸しタオルなどを使って肌を柔らかくして、ケアを行うのが効果的です。

ニョロっと出ている角栓はすごく気になりますが、そこはぐっと我慢して柔らかくなった肌にしっかりと泡立てた洗顔料で、丁寧に力を入れずに優しく角栓が気になる部分をくるくると洗いましょう。

そして、角栓が日々の洗顔で自然にだんだん少なくなってくるまで地道に優しくケアする。そして化粧水で毛穴を引き締める。

シンプルですが、これが一番の近道です!

 

 

スキンケアで角栓予防

​角栓予防には正しいスキンケアも効果的です。余分な皮脂を抑制し、古い角質が溜まらないように取り除き、ターンオーバーを正常に保つためにしっかり保湿することが大事。小鼻の黒ずみが気になるからといって、クレンジング剤をつけたまま長時間マッサージしたり、1日に何度も洗顔料をつけて顔を洗うのは間違ったケア方法です。朝・晩の正しい洗顔保湿重視のスキンケアで角栓を予防しましょう。

ついついやってしまいがちな、毛穴へのNG行動。ニュルッと角栓が取れたら、本当に快感ですよね!それでもお肌には確実に負担になっています。自分の未来の美肌のためにぐっと我慢して、少しずつ地道に日々のスキンケアを続けていきましょう!

コメントを残す