鼻の毛穴が黒ずむ理由とは.

鼻の毛穴が黒ずんでしまう理由としては、いくつかの原因があるようです。

角栓が黒ずみになる

鼻を問わず毛穴には皮脂を分泌する皮脂腺があります。皮脂というのは、傷つきやすい肌を紫外線や外気から守る役割を持っており、個人差はあるものの必ず分泌されます。正常な状態であればなにも問題がないのですが、過剰に皮脂が分泌されてしまうと、毛穴の中につまりやすくなります。さらに、新陳代謝によって発生した古い皮膚やメイク汚れなどによってさらにつまってしまいます。そのつまっている物質が角栓と呼ばれています。時間があまり経過していない角栓は黒くありませんが、これが空気によって酸化してしまうことで黒く目立つ角栓となってしまいます。

産毛が原因となることも

角栓が原因でない場合、肌の産毛が黒ずみの原因になっていることがあります。特にスキンケアをしても黒ずみが改善されない場合は、産毛が黒ずみの原因になっていないか疑ってみましょう。普段はあまり目立たないことがありますが、よく見ると肌には多くの産毛が生えていることがあります。産毛の色素が濃いと毛穴が黒く目立ちやすくなることがあります。このような場合は、産毛を剃ることで解決することもありますが、自己流で産毛の処理をしてしまうと肌を傷つけてしまい、炎症を起こしてしまう可能性があるようです。適切にケアをできない時には、シェービングができるサロンなどで処理をしてもらうことが望ましいでしょう。

色素沈着によって黒ずむことも

角栓ができていない状態でも、毛穴にある皮脂が酸化してしまい、色素沈着して黒くなってしまうことがあります。鼻の頭というのは、他の部分に比べて皮脂の分泌が活発になることから色素沈着をしやすいといわれています。

コメントを残す