角栓は時間が経つと酸化し、黒ずみやニキビの原因に!!

 

毛穴が黒ずむ原因の多くは、毛穴に詰まっている角栓や汚れです。

角栓とは、皮膚の角質と皮脂が混ざってできるものです。皮脂の分泌が多すぎたり、皮膚のターンオーバーが乱れたりすることで、古い角質が毛穴に留まり、皮脂がうまく出て行けなくなって角栓ができます。

不規則な生活や油っぽい食品の摂り過ぎ、不適切な洗顔やメイク落としといったスキンケアが、皮脂の過剰分泌やターンオーバーの乱れの原因と考えられます。毛穴に角栓を残したままにしていると、その表面が酸化して黒ずみ、さらに雑菌が繁殖し、炎症が起きてニキビになります。

黒ずみやニキビができる前に正しいスキンケアを。

毛穴の黒ずみのケアのポイントは、肌へのダメージを最小限に抑えること、そして保湿をしっかり行うことです。毎日行うスキンケアの基本は洗顔で、1日朝晩の2回行うことで皮脂汚れが酸化するのを抑えます。ゴシゴシとこすり過ぎたり、洗い過ぎは肌を傷つけ、不要な角質を生み出します。洗顔はよく泡立て、なるべくこすらないよう、泡で優しく洗いましょう。洗顔後は、すみやかに化粧水と乳液で保湿をしましょう。

また、スクラブ入りの洗顔料、メンソール入りの洗顔料は肌や毛穴を傷つけてしまうので洗顔料選びには気をつけましょう。

正しいケアでつるつるお肌を目指しましょう!!

コメントを残す