角栓のできる仕組み

 

毛穴の黒ずみの原因“角栓”。

角栓は単に毛穴に詰まった汚れではありません。

毛穴は一方通行なため、外から入ってきたものでもありません。

内から外に出て行くべきものがうまく出られなかったために詰まってしまっているのです。

 

角栓とは

 

角栓の成分は約70%がタンパク質、約30%が脂質です。

脂質とは皮脂のことで、タンパク質とは角質です。

角栓とは皮脂よりも角質の占める割合の方が高いのです。

 

では、角質とは?

角質は肌の表面を覆っている物質です。

肌が荒れたとき、肌に白い粉のようなものが吹くことがありますが、あれがまさに角質です。

肌はターンオーバーを繰り返しており、毎日少しずつ肌の表面から角質がはがれ落ちています。毛穴の場合も同じことが繰り返されています。

健康な肌の場合、角質はバラバラになってはがれおちます。しかし、荒れた肌の場合、まとまった塊としてはがれます。このまとまった塊が毛穴からうまく排出できずに毛穴の中で皮脂がこびりついてしまいます。こうして作られたものが角栓です。

 

毛穴が詰まるのにはもう一つ原因があります。

それは毛穴が硬くなって柔軟性を失うことです。

毛穴が硬くなると皮脂が毛穴の内部に留まるようになり、その皮脂が酸化すると毛穴の内部にダメージを与えます。

すると今度は、ダメージを受けた毛穴の内側が荒れて角質がまとまって剥がれるようになります。さらにその角質のせいで皮脂の排出が邪魔されて……という完全な負のスパイラルに陥ってしまいます。

 

角栓をなくす方法

 

肌や毛穴が荒れていることで角質が塊ではがれ、毛穴が固くなり、角栓が詰まってしまいます。

これを改善するには肌や毛穴を健康な状態に戻すことが大切です。

コメントを残す